DX戦略

1.企業経営及び情報処理技術の活用の方向性

 弊社は高知県内において、庁舎や病院、福祉施設、学校、マンション、住宅などの建築事業と、道路や橋梁、トンネル、ダム、下水道、河川工事などの土木事業を行う総合建設企業です。
高品質かつ安全に、そして限られた期間の中で施工を完了させるために、工事に関わる多くの協力業者の「まとめ役」となり、発注者様の厳しい審査にも通る高品質の建築物を関係者一丸となって作っています。

 公共工事においては価格競争の時代は終焉し、適切な価格で高い品質が求められる時代になっており、その要求レベルは一層高まると予測されています。さらに業界を取り巻く環境は厳しく、国交省ならびに高知県はICTの全面的な活用等の施策を建設現場に導入する事によって、建設システム全体の生産性向上をはかり、魅力ある建設現場を目指す取り組みであるi-construction(アイ・コンストラクション)を推進しており、弊社も「人材不足の解消におけるデジタル化とDX促進」、「生産性向上のためのICT・AI等を活用した技術革新」を経営戦略上の最重要課題と位置づけ、会社全体の革新的改革を図り、全社員のITスキル向上も含める計画で、経産省の推進するDX推進を実践し、生産性向上・品質向上を図り、高知県を代表する建設会社として更なる進化を遂げ、地域経済を牽引したいと考えています。

2.経営の方向性及びデジタル技術等の活用の具体的な方策(戦略)の決定

①コミュニケーションの電子化

グループウェアを導入し、チャット・カレンダー・web会議等のコミュニケーションツールを活用し、社内外の情報共有における円滑化・効率化を進めます。

②デジタルデータの活用による業務効率化・生産性向上

会計・労務管理・原価管理等に関わる社内システムを刷新し、紙書類を中心に手作業で行われていた業務をデジタルへ移行し、書類の保管・管理の簡便化を図ると共に、各システムの連携による業務フローの業務の効率化・自動化を進めます。また、社内の重要情報や日々積み重ねている工事・事務ノウハウを電子データにて蓄積することで、後述するデータの利活用に活用します。

③施工マネジメントの最適化

ドローン測量、レーザースキャン等の設備や、 3D点群処理システム等を完備させ、 起工測量から、設計・施工計画、 施工、 出来形管理、 納品に至る業務を3次元デジタル化し、 紙ベースでの従来作業からの脱却を行います。

④AI・テクノロジーを活用した業務効率化/付加価値の創出

AIやロボティクス等のテクノロジーを活用し、施工現場における業務の自動化を目指します。ICT施工によって作成された図面や施工実績に関するデータや、品質・安全管理のために行われた創意工夫などの実績など、蓄積されたデータを整備、加工、分析し、顧客への新たな提供付加価値の創出を目指します。

⑤人材育成・教育

デジタル化による業務の変化に社員が取り残されるデジタルディバイドを防ぎ、またデジタル技術の活用によるセキュリティリスクを軽減するため、デジタル・セキュリティに関する教育を継続して行い、全社的なデジタル知識の向上を図ります。また、蓄積されたデータを利活用し、可視化されたノウハウを若手社員への教育に活用し、次世代への技術の継承を目指します。

3.戦略を効果的に進めるための体制

DX推進については年度毎に推進計画を制定しており、各プロジェクト毎のスケジュールも定められています。
統括責任者(代表取締役)が出席する月次ミーティングで進捗状況を確認していくこととします。

4. 戦略の推進等を図るために必要な情報発信

DX戦略の推進状況を、実務執行総括責任者である代表取締役自らがホームページの「DX推進状況」ページにて発信していきます。

令和5年度のデジタル化プロジェクト計画書を策定いたしました。
今年度は、昨年度より継続のプロジェクト10点、新規のプロジェクト6件、フォローアップ・教育のプロジェクトを9件策定しています。

継続中のプロジェクトについては以下の通り

新規のプロジェクトについては下記の通り